音声通話はもう使わない?という時は電話番号なしで契約できます

格安SIMはデータSIMが一番安い、けど通話は?

データ専用SIMは700円/月の節約ができる

大手キャリアを使っているけど携帯料金が高すぎると悩んでいる人はすぐに格安SIMに乗り換えましょう。格安SIMとは新しく出てきた携帯会社のことで、乗り換えれば同じプランでも3分の1くらいに節約することができます。

さらにデータ容量も1GBから選べるので少なく見積もっても数千円、さらに効果が大きい場合は毎月5000円以上の節約が可能となります。そのため、1年間格安SIMを使えば40000〜60000円程度のお金を他のことに使うことができます。これは一般庶民である我々には大金と言えるでしょう。

さらに、格安SIMの料金を節約したいときは音声通話を外してしまいます。つまり090や080で始まる携帯電話番号を使わないということです。このようなプランをデータ専用プラン、あるいはデータ専用SIMといいます。

文字通りインターネット限定のものですが、音声通話SIMに比べて700円/月の節約ができます。しかし、通話なしでの生活なんてできるのでしょうか?

データSIMで通話したいときは?

せっかくスマホを持っているのですからデータSIMでも通話をしたいものです。そんな時は電話回線の代わりに「ネット回線を音声データ化」して通話を行います。

このような仕組みをIP電話といいますが、LINEなどのコミュニケーションアプリの利用者同士なら無料で行えますし特定の電話番号に対しても安く電話することができます。ただし菌ン旧通報ができないという欠点があります。

スマホ料金を3分の1に減らせる格安SIMとは

格安SIMへの乗り換えはどんどん増えている

日頃のスマホ料金を減らす方法はいろいろあります。通話を控える、データプランを安いものにする、オプションを外すといった今のプランを見直すことも十分効果的ですが、その分の不満は否めません。

そこで、スマホ会社を変えると同じデータ容量で料金を安くできます。最近話題となっているMVNO(仮想移動体通信事業者)という会社は大手キャリアに比べて基本料金を3分の1まで下げることができます。

例えば大手キャリアで5GBの音声通話SIMを契約すると大体7000円/月程度の基本料金がかかります。一方MVNOの5GBプランは音声通話SIMでも2200円/月が相場となっています。

その分かけ放題が付いていないことや日中の通信速度が遅くなりやすいというデメリットがありますが、携帯料金を一気に減らすことができます。このように月々のお金が安くなることからMVNOのことを格安SIM、格安スマホと呼ぶことも珍しくありません。

急に携帯会社が出てきて信用できないという意見もありますが、MVNOはdocomoやauの回線を借りることで運営しています。つまり、通信網自体は大手キャリアと変わらないので格安SIMだから圏外になることは起こりません。

多くの人はお手キャリアの手厚いサービスを必要としないことから格安SIMの利用者はどんどん増えています。一人でも数千円の違いがあるのですから家族で乗り換えれば毎月1〜2万円くらいのお金を別のことに使えるでしょう。

スマホのデータ量を圧倒的に減らすならWi-Fiを活用!

スマホはWi-Fi接続を多用すれば3Gでも余裕

自宅に回線を引いている場合はデータ通信はただ

スマホの料金はデータ容量によって変わりますが、もしデータを使いすぎるとかつてのiモードのようなスピードになってしまうことから多めのデータプランを選びたくなってしまいます。

それでも、動画視聴を多くする人にとっては7GB/月でも足りないかもしれません。データをたくさん使う人はスマホのデータプランを増やすよりも自宅に回線を引いてしまった方がお得です。

特に一人暮らしでない場合はすでにWi-Fiをつないでいるわけですからスマホの設定でWi-Fiと自動接続できるようにしましょう。

スマホの「設定」という項目をタップするとネットワークに関するメニューが開くのでそこからWi-Fi接続を許可します。そして、自宅のWi-Fiのパスワードを入力するとスマホのデータ通信を使わずに思う存分ネットが楽しめます。

ただ、一人暮らしの人は若干の注意が必要です。なぜなら自宅回線をつなぐときには工事費がかかりますし、所定の期間より早く解約すると大手キャリアと同様に解約料がかかるからです。

外でもフリーWi-Fiを探そう

それでは、自宅の外ではどうするかというと、フリーWi-Fiを探します。場所によっては無料でWi-Fiを使うことができるのでそのような場所で動画やアプリのダウンロードをするとデータを節約できます。

スターバックスのようにWi-Fiを使えるお店もありますが、飲食の料金を考えて利用するのがお得です。

そのサービス、本当に必要?オプションを見直すだけでも効果あり

そのサービス、使いもしないのに登録していませんか?

かけ放題って本当に必要?

通話をする人にとっては無料通話分やかけ放題は大切なものだと思います。しかし、「通話料が高くなる」という事態を避けるためにかえってかけ放題サービスなどの料金がかさんでいないか検討してみましょう。

大手キャリアであればかけ放題のサービスは標準装備されていますが、格安SIMの場合はかけ放題の有無を選ぶことができます。料金にして月に800円ほどです。格安スマホの通話料が30秒20円であることを考えれば、20分以上の通話をする人にとっては有効と考えられます。

ところが、現在はlineをはじめとした無料通話のできるアプリが当たり前のように使われています。つまり、普段のコミュニケーションであれば通話料ゼロで行うことが可能というわけです。

また、かけ放題とは違いますが無料通話分も使わない場合は数千円の無駄となってしまいます。こちらも是非見直したいところです。

その他にも見直したいこんなサービス

スマホのオプションサービスは基本的に月に数百円程度なのですべて省いたとしても1000円くらいの節約にしかなりません。

しかし1年で少なくとも5000円以上の節約が見込まれるなら、いらないものを減らすのも良い選択肢です。例えばスマホのテザリングは500円/月程度しますし、保険なら300〜600円程度します。

確かにいざという時に役立ちますが、その場合はごくまれなので多くの人にとっては鳥越苦労となるわけです。他にもスマホの追跡サービスなども人によっては不要となります。

通話やメールを安くするならLINEを使おう

通話料を無料にするならLINEがおすすめな理由

通話料を節約したい人の常識・LINEとは?

中高生がスマホで長話をしているのを見ると通話料は大丈夫なのかと思ってしまう、そんな人はぜひLINEを知っておきたいものです。LINEとはスマホアプリのひとつでネット上で友達を増やしていくコミュニケーションツールです。

日記をアップしたり、メッセージを送り合ったり、さらには電話までできてしまいます。LINEの通話はネット回線を音声化したもので、パケット通信のみが消費されます。

よってどれだけ長い時間通話しても通話料は一切かからないのです。ただし、LINEで無料通話する条件はお互いがLINEのアカウントを持っていることです。LINEアカウントを持っていない人に対してはLINE電話というツールを用いることで電話番号に対する発信が可能となります。

料金も通常の通話料より安いほか、広告を見なければいけない・1分以内の電話に限るという条件で無料で使うことも可能です。

LINE以外の通話アプリはあるの?

もちろん、LINE以外の通話アプリもありますが。スマホユーザーにとって普及しているコミュニケーションツールがLINEであることから中心的に取り上げました。

他にも通話ができる有名なアプリと言えばFacebookやSkypeがあります。ただ、FacebookはスマホよりもPCの利用者が多いことや実名が前提とされていることからLINEより敷居が高く、Skypeは通話アプリの先駆けですが通話、メール以外の機能が充実していないという側面があります。

格安SIMの落とし穴は通話料、かけ放題での対処がおすすめ

電話をたくさんする人はかけ放題を使うと、予想外の出費に備えられる。

格安SIMは通話料が高い

電話をたくさんする人が無料通話分やかけ放題を利用することはもはや当たり前と言っても過言ではありません。なぜなら大手キャリアのサービスには当然と言っていい様に備わっているからです。

しかし、格安SIMの低価格はサービスをシンプルにした結果であるため無料通話分は愚かSMSすら有料です。そのため、大手キャリアと同じ感覚でスマホ利用するとかえって今まで以上にスマホ料金がかかることになってしまいます。特に普段は契約内容をよく確認しないという人は注意していただきたいポイントです。

格安SIMの通話料は30秒で20円するので、これは大手キャリアの倍程度です。そのため、有料でかけ放題オプションを付けた方が得をするというわけです。

かけ放題は制限時間式

格安SIMのかけ放題オプションは5分かけ放題や、10分かけ放題というもので、かつてのウィルコムと同タイプです。

このようなサービスを使うことで短い通話なら問題なくできますし、長い通話でもこちらから何度も電話をかけたり切ったりすることで通話料を気にせず利用することができます。

かけ放題サービスの料金は概ね800円くらいなので、月に20分以上電話をするという人は利用した方が確実に得をします。知人や家族との電話の他によくお金がかかるのはある商品の問い合わせの際の電話です。

固定電話からはフリーダイヤルが使えてもスマホからは有料なので、ここも気を付けてみましょう。

毎月発生する携帯電話料金を節約する2つの方法!

スマホ用IP電話アプリで節約

携帯電話料金には月額料金と通話料と大まかに分けて2つあります。このうち月額料金は格安SIMのデータ通信プランで大幅に安くなります。通話料もスマホ用IP電話アプリを使用すれば節約することが可能です。

このスマホ用IP電話アプリでは050から始まる電話番号を使用します。IP電話はインターネットを活用した電話サービスのため、データ通信プランでも使用ができます。

スマホ用IP電話アプリには050 plusやLaLa Call、FUSION IP-Phone SMARTなどいろいろあります。このうち050 plusでは月額300円で050 plus同士の通話料が無料になります。

LaLa Callでは月額100円と050 plusよりも安いです。こちらもLaLa Call同士の通話料は無料です。固定電話や携帯電話にかけるときは所定の通話料がかかることが多いため、事前に確認して下さい。

Wi-Fiスポットでデータ通信量を節約

格安SIMによっては一定以上のデータ通信量で速度制限がかかることがあります。通信することはできても大幅に下がるために使いにくいことがありました。

そんなときはWi-Fiスポットでデータ通信量を節約すると言う方法があります。駅やコンビニ、カフェなどで様々な施設やお店でWi-Fiのマークが見られるようになりました。

このマークは無線LANによりインターネットに接続できるWi-Fiスポットの目印です。Wi-Fiスポットから接続すれば、格安SIMのデータ通信量は消費されないのです。自宅に固定インターネット回線があり、無線LANルータを使用していると言う方もWi-Fi接続で節約ができます。

1ヶ月の通信量は?毎月の通信上限を見なおして料金を節約

低容量プランに切り替えて料金を節約する

docomo、au、ソフトバンクのキャリア大手のスマートフォン料金プランは毎月の通信料の上限によって異なる料金が設定されています。最も早く用意されたスタンダードなプランは毎月の通信上限が7GBに設定されており、7GBまでなら高速通信を利用可能です。

毎月の通信料は人によって大きく異なります。動画や音楽をよく利用するヘビーユーザーだと7GBは少ないですが、仕事用にしかスマホを使わない人なら1GBでも十分です。

近年、携帯料金の引き下げ要請を総務省から強く受けた3社は、通信上限を下げる代わりに料金の安い新プランを発表しました。毎月の通信料が少ない方は上限7GBの現在のプランを見直し料金の安い低容量プランに切り替えることで携帯料金を大きく節約できる可能性があります。

キャリアごとに色々なプランがある

例えば、ソフトバンクでは上限1GBのデータ定額ミニプランが月額2900円で利用できます。データ定額5GBプランの料金は5000円なので、2100円も節約できます。docomoの場合は5GBを家族で分け合えるシェアパック5という月額6500円のプランがあります。

このプランでは容量を複数人でシェアするので、分け合う人数が多いほど一人あたりの月額料金も安くなります。両親はあまり通信しないけれど子どもはたくさん通信する、というようなケースでは容量をシェアすることでそれぞれの過不足が解消され、家族全体で携帯料金を節約可能です。

毎月の通信量を把握しよう

データ通信上限を見直して節約するためには、1ヶ月あたりに自分が使う通信量を把握する必要があります。自分の使い方だとどの程度の通信上限が最適なのかを知れば、プラン変更で携帯料金を大きく節約できるでしょう。

毎月の携帯電話料金をなるべく節約するには!

格安SIMに乗り換えする

携帯電話の普及が急速に進み、一人に一台持つ時代となりました。そんなときに気になるのが毎月の携帯電話料金です。大手キャリアだと毎月7000円から8000円ほど、年間で計算するとかなりの負担です。

そこで携帯電話料金を節約し、毎月の負担を抑えるには格安SIMに乗り換えすると言う方法があります。格安SIMでは大手キャリアから回線を借りているため、通信網のために大掛かりな投資を行わずに済みます。

その分だけ携帯電話料金が安いと言うメリットがあります。音声通話付の格安SIMなら3GBで毎月1500円ほど、大手キャリアと比べると1か月6000円ほど節約できることがあります。

プランごとの節約方法

格安SIMではデータSIMプラン、音声通話付プランと料金が異なります。
同じ容量ならデータSIMプランのほうが安いです。特に音声通話は必要ないと言う方はデータSIMプランを選んだほうが節約できます。

IP電話アプリを利用すればデータSIMプランでも電話が掛けられます。仕事用として端末を使用する場合は音声通話付プランのほうが適しています。その代わりに電話を掛けるたびに30秒につき20円の通話料が発生します。

通話時間が長くなるほど負担が増えるものの、格安SIMによっては専用アプリから掛けると半額になると言うサービスがあるために節約が可能です。

さらに格安SIMによってはかけ放題のオプションもあります。かけ放題は別途料金が掛かるため、付けたほうが良いかどうか良く計算して下さい。

毎月の携帯電話料金を安くする奥の手はこれ

ガラケーとタブレットの2台持ちで携帯電話料金を安くする

ほとんどの人がスマホを持っていて、毎月の携帯電話の料金がかなり高額になっていると思います。私はパソコンも持っているので、家で使うネット回線の料金もかかってしまうと、毎月の通信費がかなり高額になっていました。

どうにか通信費を抑えられないかと調べていると、ガラケーとiPadの2台持ちのほうがiPhoneを持つよりも安いことがわかり、現在ではそうしています。

ガラケーで月に約1700円、iPadはSIMフリーでFREETELのSIMを使った分だけ安心プランで使っているので、iPadのローンが月に約600円、データ+SMSにしているので最低料金では月に439円で、ガラケーとiPadを合わせても月に2739円となります。

中古や誰かから譲り受けたなどであれば安くできますが、自分で購入したiPhoneであれば2739円以上はかかります。ガラケーではネットは全く使わずに、できる限りオプションも省いています。

実際にはiPadのSIMは月に約2000円ほどかかっていますが、家にいるときや外でもWi-Fiが使える場所ではできるだけWi-Fi接続するなどすれば、もっと安くできます。iPadのSIMフリーは、iPhoneのSIMフリーよりも安いので、その分月々のローンの支払額も安くなります。

また、ガラケーとiPadの2台持ちだともしも落としたり無くしたり壊れても、ガラケーかiPadのどちらかは生きているのでリスクも分散できるメリットもあります。