大手キャリアでの乗り換えが安くなくなるかも?それはどうして?

大手キャリアなら2年間の乗り換えが安くなったけど…

大手キャリアの乗り換え割引が減っていく理由

大手キャリアの高い基本料金は手厚いサービスだけでなく過剰ともいえる割引サービスも理由でした。

特に乗り換えてきた人に対する待遇がすごいもので、月々の使用料を乗り換えだけで安くする、スマホ代を実質0円にしてしまう、さらには数万円のキャッシュバックとなぜか既存利用者より新規利用者にやさしい傾向がありました。

これは、解約料が発生する2年を過ぎればある程度の人が乗り換えることを前提としたサービスでした。

しかし、このようなサービスが実質的な商売としての妥当性が疑われることや消費者を惑わすこと等を理由に過剰な割引サービスをやめるよう、総務省より通達がありました。

これは「過剰なキャンペーンをするくらいなら基本使用料を安くしてほしい」という意図からです。よって大手キャリアの値段はこれから少しは安くなり、その分割引が減る流れになるでしょう。

それなら格安SIMに乗り換えた方が安くなる

つまり、「割引サービスなどを考えれば結局大手キャリア間の乗り換えがお得」という事態が変わろうとしているわけです。それなら、解約期間に入ったら格安SIMへ乗り換えた方がお得であると考えられます。

確かに格安SIMは店舗がないことで問い合わせが不便だったり、割引サービスが無かったりという面はありますが基本料金が圧倒的に安いため、長い目で見れば大きく得をします。