携帯電話を安くするなら解約料金を払わないのが鉄則

2台持ちは要注意!怖い解約料を避けるなら

大手キャリアのスマホユーザーを悩ませる解約手数料とは?

他の携帯会社に乗り換えれば安くなる、気になった機種を使ってみたいけど他社に乗り換えないといけない、そんな時に足を踏みとどまらせるのが解約手数料です。

これはスマホだけの問題ではありませんが、所定の期間内に解約すると解約手数料が発生します。大手キャリアの場合は1台に付き9000円かかり、しかも2年ごとに更新されるため解約でいるのは2年経った翌月のみと非常に厳しいです。

月額料金とはそれますが、いくら普段の節約を頑張っても解約手数料と相殺されることも良くあります。2年もせずにスマホが壊れることも良くあるため、泣く泣く解約した人も多いと思います。とくに2台持ちなら安くなるというサービスは要注意で、解約手数料も2倍払うことになります。

格安SIMなら長くて1年使えばOK

それでは、格安SIMの解約手数料はどうなっているかというと、2年しばりの代わりに半年〜1年の最低利用期間が定められています。

これは更新されないため最低利用期間の契約をすればそれ以降はいつ解約しても解約手数料がかかりません。長く使ったユーザーにとって有利な点が大手キャリアとの違いです。

しかも、最低利用期間が定められているのは音声通話SIMだけなのでデータ専用SIMであればたとえ初月に解約したとしても解約手数料を支払う必要がありません。