格安SIMの落とし穴は通話料、かけ放題での対処がおすすめ

電話をたくさんする人はかけ放題を使うと、予想外の出費に備えられる。

格安SIMは通話料が高い

電話をたくさんする人が無料通話分やかけ放題を利用することはもはや当たり前と言っても過言ではありません。なぜなら大手キャリアのサービスには当然と言っていい様に備わっているからです。

しかし、格安SIMの低価格はサービスをシンプルにした結果であるため無料通話分は愚かSMSすら有料です。そのため、大手キャリアと同じ感覚でスマホ利用するとかえって今まで以上にスマホ料金がかかることになってしまいます。特に普段は契約内容をよく確認しないという人は注意していただきたいポイントです。

格安SIMの通話料は30秒で20円するので、これは大手キャリアの倍程度です。そのため、有料でかけ放題オプションを付けた方が得をするというわけです。

かけ放題は制限時間式

格安SIMのかけ放題オプションは5分かけ放題や、10分かけ放題というもので、かつてのウィルコムと同タイプです。

このようなサービスを使うことで短い通話なら問題なくできますし、長い通話でもこちらから何度も電話をかけたり切ったりすることで通話料を気にせず利用することができます。

かけ放題サービスの料金は概ね800円くらいなので、月に20分以上電話をするという人は利用した方が確実に得をします。知人や家族との電話の他によくお金がかかるのはある商品の問い合わせの際の電話です。

固定電話からはフリーダイヤルが使えてもスマホからは有料なので、ここも気を付けてみましょう。