格安SIMに契約すると、毎月の料金と端末代金を節約できます

格安SIMに契約を変更をする

ドコモ、au、ソフトバンクの通信会社と契約して携帯電話の料金を支払っていると、不要なサポートサービスを外すなどしなくても節約するのは難しいです。

そこで、格安SIMへの契約変更をすることで、毎月の携帯電話の料金を大きく節約できます。

ドコモを契約している場合

独身者でドコモの携帯電話を契約している例に出しますと、5分間のカケホーダイライトプランで1,700円、2ギガのデータパックで3,500円、SPモードで300円の合計5,500円プラス消費税の支払いが、代表的な節約できるプランだと言えます。

最低でも6,000円程度は必要になることや、通信量が増えるとさらに多くの料金が必要になります。

格安SIMを契約する場合

OCNを契約した場合を例に出しますと、月に3ギガ使える通信量のコースで1,800円、5分間の通話かけ放題がついたオプションが850円で、合計2,650円プラス消費税の支払いで、3,000円を切る支払いで利用できます。

両者を比較するとほとんど同じ契約内容ですが、格安SIMを利用すると半額で利用できるので大きく節約できます。

契約をするには端末が必要なのですが、ドコモからドコモ系の格安SIMの会社に契約を変更するのなら、それまで使っていた端末が使えますので新たに料金を支払う必要はありません。

また、多くの格安SIMの会社では、ドコモ、au、ソフトバンクで販売されている端末代金よりも低価格で販売をしていますので、端末の買い替え代金も節約できます。