毎月の携帯電話料金をなるべく節約するには!

格安SIMに乗り換えする

携帯電話の普及が急速に進み、一人に一台持つ時代となりました。そんなときに気になるのが毎月の携帯電話料金です。大手キャリアだと毎月7000円から8000円ほど、年間で計算するとかなりの負担です。

そこで携帯電話料金を節約し、毎月の負担を抑えるには格安SIMに乗り換えすると言う方法があります。格安SIMでは大手キャリアから回線を借りているため、通信網のために大掛かりな投資を行わずに済みます。

その分だけ携帯電話料金が安いと言うメリットがあります。音声通話付の格安SIMなら3GBで毎月1500円ほど、大手キャリアと比べると1か月6000円ほど節約できることがあります。

プランごとの節約方法

格安SIMではデータSIMプラン、音声通話付プランと料金が異なります。
同じ容量ならデータSIMプランのほうが安いです。特に音声通話は必要ないと言う方はデータSIMプランを選んだほうが節約できます。

IP電話アプリを利用すればデータSIMプランでも電話が掛けられます。仕事用として端末を使用する場合は音声通話付プランのほうが適しています。その代わりに電話を掛けるたびに30秒につき20円の通話料が発生します。

通話時間が長くなるほど負担が増えるものの、格安SIMによっては専用アプリから掛けると半額になると言うサービスがあるために節約が可能です。

さらに格安SIMによってはかけ放題のオプションもあります。かけ放題は別途料金が掛かるため、付けたほうが良いかどうか良く計算して下さい。