格安SIMとキャリアSIMを使い分けて料金節約!

携帯料金を安く抑えるコツ、あります

ドコモなどの大手キャリアでスマホを持つのが一般的な世の中ですが、月々の支払いが高くて悩んでいる方は結構多いと思います。

電話はたくさんかけるけどインターネットはあまりしない、逆にインターネットがメインで電話は全然かけないなど、自分のスマホの利用スタイルを見直してみると支払う料金に見合ってないことのほうが多いかもしれません。

インターネットがメインなら格安SIMがおすすめ

近年では、MVNOと呼ばれる各事業者が格安SIMを販売しています。大手キャリアに比べて料金プランが大幅に安く、サービスに使われる回線はドコモなど大手キャリアのものを使っているためインターネットの品質も保証されています。

基本的にデータ通信専用のSIMと通話可能なSIMが用意されています。データ通信専用SIMは月額料金が1000円以下のものもあり、通話可能なSIMは+数百円程度と驚くべきコストパフォーマンスです。

手持ちのスマホを使えるため新しい端末を用意する必要がないのも嬉しいところ。通話をあまりしない人は格安SIMに乗り換えれば月の支払いが数千円も浮くため非常にお得です。

電話もインターネットも両方するなら二台持ち!

格安SIMの通話料金は高めなので、電話がメインのユーザーなら大手キャリアのほうが良い面もあります。

では、電話もたくさんかけるしインターネットも頻繁にする人はどうすればいいのでしょうか?正解は「通話用の大手キャリア携帯」「インターネット用の格安SIMスマホ」の二台持ちです。

電話料金の安い大手キャリアとデータ通信の安い格安SIMのそれぞれを使い分けることによって月額料金が抑えられます。二台持ちは面倒そうに見えますが、いざ運用してみるとモバイルバッテリー要らずになるためこちらのほうが荷物節約にもなりますよ。